ぎっくり腰の前兆

腰痛でお困りの方は、腰に違和感があれば何か対策をすることでしょう。

でも、これまで腰痛と無縁だった方が、腰に違和感があっても寝たら治ると思い、しばらく放置されることがあります。

腰に違和感があっても、最初のうちは数日放置しても、治ることがあります。

治っているうちに、体操や日常生活の見直しなど腰痛予防を心がけていれば問題ありません。

ただ、多くの方は治ったら、腰の違和感などあったことすら忘れてしまいます。

そして、ある時、突然、衝撃的な痛みを感じ、ひどければ動けなくなることがあります。

それがぎっくり腰です。

かなり前に、腰は警告をしてくれていたのですが、特に改善をしてもらえないときに、ぎっくり腰という悲鳴をあげるのです。

ぎっくり腰になった方のほとんどが、ある日突然痛くなった、ちょっとした動作をしただけなのに痛くなった、年のせいかなぁなどと言われます。

突然でも年のせいでもなく、腰に負担のかかる生活に耐えられなくなったから、ぎっくり腰になったんですよ。

ぎっくり腰になると、もとのように過ごすには少し時間が必要です。

もし、腰に違和感があればぎっくり腰になる前に、少しでも早く鍼灸をお試しくださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました