ぎっくり腰はつらいよ

ぎっくり腰は辛いですよね。

もし、あなたがぎっくり腰で辛くてこのページにたどり着いたのなら、ぜひ、鍼灸をお試しください。

辛いぎっくり腰が楽になりますよ。

さて、そんな辛いぎっくり腰ですが、どこがどのようになっているのか、はっきりと分かっているものではありません。

ぎっくり腰になると、繰り返しぎっくり腰になる方や、ぎっくり腰はよくなっているのに腰痛になってしまう方が多くおられます。

ぎっくり腰は、姿勢や物を持ち上げる動作など腰に負担がかかったときに起きやすくなります。

それに加えて、いろいろな心理的なものが脳に影響を与えて、慢性的な腰痛になると考えられるようになりました。

ぎっくり腰になった人は、もうあのような痛い思いはしたくないと考えるでしょう。

動くのが大変なぎっくり腰の患者さんを診ていると、当然だと思います。

このぎっくり腰になりたくないという思いが、腰の痛みに恐怖や不安などネガティブな感覚を生み出します。

そして、腰痛にならないよう腰を守らなければと過剰な警戒心が芽生え、腰を動かすことに消極的になります。

この過剰な警戒心は気持ちをうつっぽくさせるので、体を動かす機会を減らし、筋力が衰えます。

さらに、脳が痛みに対して過敏に反応するようになります。

この悪循環を断ち切らなければ、腰痛は改善されないうえ、ぎっくり腰を繰り返すことになります。

だから、ぎっくり腰の痛みを経験したくなければ、ぎっくり腰の恐怖は一度忘れましょう。

そして、体を動かしてあげるほど腰痛は改善すると考え直してくださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました