坐骨神経痛は長い目で見ると

こんな症状がありませんか?

  • 腰が痛い
  • 体を動かすとお尻や足の痛みが強くなる
  • お尻が痛くて椅子に座りにくい
  • お尻や太もも、ふくらはぎなどに痛みやしびれがある

上記のような症状があれば、坐骨神経痛かもしれません。

坐骨神経痛というのは、病名ではなく、症状を表している言葉です。

お尻から足先まで伸びている神経が「坐骨神経」というものです。

この坐骨神経が、いろいろな原因で圧迫されると、お尻や太もも、ふくらはぎなどに痛みが現れます。

坐骨神経痛というのは、お尻から足にかけて辛い痛みがあります。

痛みを我慢して動けるうちは、まだいいのですが、痛みにより長時間歩くことができなくなることもあります。

すると、外出もままならなくなります。

坐骨神経痛が直接寝たきりになるというわけではありません。

それでも、痛みがあると動きたくなくなり、外出しなくなると下半身の筋力は低下していきます。

だから、長い目で見ると寝たきりになるリスクがあるのです。

坐骨神経痛には鍼灸の施術が効果的です。

痛みのある場所に鍼やお灸をすると、痛みが徐々に緩和されます。

坐骨神経痛でお悩みの方は、ぜひ、鍼灸をお試しください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました