春の頭痛

春先は頭痛や眠気、だるさなどでお困りの方が増えます。

気候の変化などで自律神経の働きが乱れてしまうからです。

春は、交感神経が活発だった冬から副交感神経の働きが活発になる、切り替わりの時期となります。

すると、血管の拡張や収縮の調節がうまくできずに、頭痛や気だるさなど様々な不調を引き起こしてしまうのです。

また、新しい環境になることもあり、精神的な負担も増えがちになります。

すると、神経や筋肉の緊張により、頭痛が起こってしまいます。

緊張が続くと、質の高い睡眠がとれず、眠気で悩むということにもなります。

さらに、花粉症も頭痛の原因になります。

このような不調を防ぐには、生活のリズムを整えることが大切です。

生活のリズムが整うと、自律神経の乱れが抑えられ、症状は緩和してきます。

また、両肘を曲げ、横に胸の高さまで上げたり、下ろしたりする運動や、頭を正面から動かさないようにして、腕の力を抜いて、左右に振るような簡単な運動は、頭痛対策にいいですよ。

そして、鍼灸も頭痛や気だるさ解消に役立つ施術です。

ぜひ、鍼灸もお試しください。

PAGE TOP ↑